近年、漏水・クラック等変形により改修が必要なため池において、強度や遮水性に優れた良質土の確保が困難となっており、堤体改修が計画的に進まない状況となっております。
このような状況を踏まえて、東北大学大学院環境科学研究科教授高橋弘氏と森環境技術研究所は共同で、従来盛土として使用が不適とされたため池内に堆積した底泥土、あるいは堤体掘削土を原材料として堤体の改修・補強のための高機能地盤材料に再資源化するボンテラン工法を開発いたしました。

<<施工手順>>
本工法の施工手順は以下のとおりです。

merit87.jpg   merit2.jpg
(1)ため池底泥土の状態   (2)ボンファイバー混合
merit3.jpg   merit4.jpg
(3)固化材混合   (4)ボンテラン改良土の仮置き
merit5.jpg   merit82.jpg
(5)ボンテラン改良土敷均し   (6)ボンテラン改良土転圧
merit83.jpg    
(7)ため池堤体改修完成    

 

<<再利用用途>>
ボンテラン改良土は、所定の強度、遮水性、クラックの発生抑制、耐侵食性および耐震性を有する高機能地盤材料としてため池改修のための築堤土として再利用が可能となります。

merit88.jpg   中田ため池6.JPG
ため池堤体改修完成   ため池堤体改修完成
effect31.jpg   effect32.jpg
ため池堤体改修完成   ため池堤体改修完成
effect33.jpg   effect34.jpg
ため池堤体改修完成   ため池堤体改修完成
中田ため池2.JPG   effect36.jpg
ため池堤体改修完成   河川堤体盛土完成
effect37.jpg   effect35.jpg
河川堤体盛土完成   河川堤体盛土完成