【短時間で改良可能】

本製品を泥に添加し、バックホウで混合すると15分程度で泥を固化(塑性状態)することができます。改良直後に処理土をダンプトラックへ積載することができるため、現場からスピーディーに泥を搬出することができます。


MT2-1.jpg
15分程度の改良で泥土が固化

MT2-2.jpg
改良直後に即時搬出可能

 

【環境に優しく安全な製品】

本製品のpHは中性で、土壌環境基準全28項目をクリアした環境に優しい製品です。また、魚毒性試験も実施しており、ヒメダカに対する悪影響が無いことも確認されています。


MT2-3.jpg
本製品のpHは中性

MT2-4.jpg
土壌環境基準をクリアした安全な製品

MT2-5.jpg
魚毒性試験済み

【低添加量で改良可能】

本製品は約1~8kg/m3と非常に少ない添加量で改良が可能です。また本製品はポリ袋品であるため、セメントや石灰等のフレコン品に比べ、使用後の廃棄物量を約95%削減することができます。


MT2-6.jpg
非常に少ない添加量で改良可能

MT2-7.jpg
使用後の廃棄物が大幅に削減
 

【使いやすさへのこだわり】

本製品はバックホウとピットのみで施工が可能です。また、MT-2およびMT-3には金属への付着を低減する成分が含まれているため、処理土がバケットやダンプトラックへ付着しづらく、施工性が大幅に向上します。さらに、泥を生石灰等で改良する際は水和反応によって大量の熱が発生しますが、本製品は常温で改良することが可能です。


MT2-8.jpg
バックホウとピットのみで施工可能

MT2-9.jpg
バケットへの付着軽減、施工性向上

MT2-10.jpg
発熱することなく、常温で改良可能

【風が強い現場でも使用可能】

MT-1は顆粒状、MT-2およびMT-3は特殊な発塵処理を施しているため、港湾工事など風が強い現場でも使用することができます。


MT2-11.jpg
発塵処理済み

MT2-12.jpg
散布時の飛散低減

MT2-13.jpg
港湾現場でも使用可能

【品質劣化が少なく、1年後でも使用可能】

本製品は未開封の状態で屋内保管していただければ、1年後でも問題なく使用することができます。また本製品はレーザー加工を施した特殊なポリ袋を使用しているため、長期保管時の製品劣化を抑制します。


MT2-14.jpg
1年後でも使用可能

MT2-15.jpg
特殊可能したポリ袋を使用

MT2-16.jpg
屋内保管状況

【セメントや石灰とも併用可能】

本製品はセメントや石灰との併用が可能です。本製品とセメントを併用した強度試験を実施したところ、MTシリーズはセメントの強度発現にほとんど悪影響を及ぼさないことを確認しております。しかし、MT-1処理土にセメントや石灰を添加すると、吸水された水分が浸透圧の原理により一部排水されてしまいますのでご注意ください。


MT2-17.jpg
MTシリーズ 添加・混合

MT2-18.jpg
セメント系固化材 添加・混合

MT2-19.jpg
強度発現を室内試験でも確認済み

【NETIS登録製品】

本製品はNETIS(国土交通省新技術情報提供システム)登録製品となっております。国土交通省発注工事で本製品をご使用いただくことにより、工事成績評定時の加点対象となりますので、ぜひご活用ください。

mt_pict33.jpg mt_netis.jpg
mt_pict34.jpg

 


space5x1000.jpg

パンフレット

MTcatalog.jpg

MTcases.jpg

BTcatalog.jpg

BTcases.jpg

リンク

TOHOKU-Univ.jpg

YT1.png FB1.png

株式会社森環境技術研究所

996-0071 山形県新庄市小田島町7-36

メール:info@mori-kankyo.co.jp
電話番号:0233-22-0832    
FAX番号:0233-22-0932   
 
©2020 MORI Institute for Environmental Technology