【泥を搬出するために開発した新しい改良剤】

従来、建設現場から発生した泥はセメントや石灰で固化したり、バキューム車で吸引してから搬出していましたが、これらの方法は固化するまでの養生時間が長く、運搬コストが高額であることが課題でした。そこで、これらの課題を解決するため、2015年に「高含水泥土改良剤MTシリーズ」を開発しました。本製品を泥に添加することで、15分程度の改良で泥を瞬時に固化(塑性状態)し、ダンプトラックで即時搬出することができます。


MT1-1.jpg
1.泥土を撹拌ピットに投入

MT1-2.jpg
2.本製品を添加

MT1-3.jpg
3.バックホウで均一に混合

MT1-4.jpg
4.混合完了

MT1-5.jpg
5.ダンプトラックへ積込み

MT1-6.jpg
6.処理土を搬出

【あらゆる「泥」に適用可能】

本製品は建設現場から発生したあらゆる泥土に適用可能です。シールド工事から発生した建設汚泥、港湾工事から発生した浚渫土、地盤改良工事から発生したセメント含有泥土、ため池改修工事から発生した堆積土など、様々な現場で使用することができます。


MT1-7.jpg
推進・シールド余剰泥水

MT1-13.jpg
河川・港湾浚渫土

MT1-9.jpg
地盤改良・杭打ち泥土

MT1-10.jpg
ため池堆積土

MT1-16.jpg
豪雨災害等で発生した泥土

MT1-15.jpg
各種建設汚泥

【3つのラインナップ】

建設現場から発生した様々な泥にも対応できるよう、3つのラインナップをご用意しております。サンプルも無償提供しておりますので、現地発生土に本製品を添加混合いただき、最適なものをお選びください。

製品名 MT-1
通常泥土対応型
MT-2
通常泥土・セメント泥土対応型
MT-3
海水泥土対応型
製品外観 MT-1_3.jpg MT-2.jpg MT-3.jpg
性状/荷姿 白色粉体/ポリ袋(15kg) 灰色粉体/ポリ袋(15kg) 灰色粉体/ポリ袋(18kg)
添加量 約2~8kg/㎥ 約1~5kg/㎥ 約1~5kg/㎥
特長
●泥土中の水分を吸収し、パサパサとした性状に改良
●泥土に付着した瞬間に反応が始まるため、軽く混合するだけで改良が可能

●泥土中の水分を吸収かつ粘性を向上し、モチモチとした性状に改良
●溶解した成分が泥土中の土粒子に絡まることで効果を発揮するため、十分な混合が必要
●発塵防止処理を施しているため、風が強い現場でも飛散を低減

●泥土中の水分を吸収かつ粘性を向上し、モチモチとした性状に改良
●溶解した成分が泥土中の土粒子に絡まることで効果を発揮するため、十分な混合が必要
●発塵防止処理を施しているため、風が強い現場でも飛散を低減
●主に海水泥土専用の製品
適用対象土
●推進・シールド余剰泥水
●河川浚渫土
●ため池堆積土
●浄水発生土
●災害発生土砂
●各種建設汚泥

●推進・シールド工事余剰泥水
●河川浚渫土
●ため池堆積土
●浄水発生土
●災害発生土砂
●各種建設汚泥
●地盤改良汚泥

●港湾浚渫土
●海水を含む各種泥土

space5x1000.jpg

パンフレット

MTcatalog.jpg

MTcases.jpg

BTcatalog.jpg

BTcases.jpg

リンク

TOHOKU-Univ.jpg

YT1.png FB1.png

株式会社森環境技術研究所

996-0071 山形県新庄市小田島町7-36

メール:info@mori-kankyo.co.jp
電話番号:0233-22-0832    
FAX番号:0233-22-0932   
 
©2020 MORI Institute for Environmental Technology